Mr. Obama may have been also right about Je Suis Charlie; M. Obama a peut-être eu raison; 日本人の中にも潜むテロ思想

We were instructed to write a composition at class about Parisians, but as I had not been around long enough to make a justified observation, I opted to write about a recent event by which Paris influenced the world.  What else but ’Je Suis Charlie’ parade’. 

The American government had to apologize to the French President for not having attended the parade after the backlash that came even from among their own citizens.  However, Mr. Obama may have made the right decision by not attending as it would have put the thousands of participants at risk.  Mr. Obama has to be the cherry prize for the enemies of USA that some of them would have thought that this was the event worthy of dying for…literally.  The wives and the daughters of some who would have been the representatives of USA, might have wished for the safety of their loved ones.     That is love, and surely love must also have the right to be expressed instead of being labelled cowards or disgrace. After all, American public figures would have risked far more personal danger than any other people.  

But what do I know?  I am just a simple woman who admires the courage of those publishers who got killed, but at the same time cannot help feeling for their mothers who must be hurting…privately.

———————

Je n’étais pas à Paris suffisamment pour faire une observation des Parisiens, donc aujourd’hui je vais commenter un événement récent à Paris qui a influencé le monde. 

L’Amérique a demandé “pardon” ce matin pour ne pas avoir envoyé des représentants à la marche de ‘Je suis Charlie ‘, mais cela aurait été plus dangereux si les Américains avaient été présents.  Les ennemis de l’Amérique auraient pensé «Voici une occasion d’attaquer des Américains et des Français.  Ce sera le jour de ma mort, ça fera une histoire énorme.  Les politiciens américains ont été critiqués pour être lâches pour ne pas être allés à la marche, mais peut être qu’ils auraient pu écouter le plaidoyer de leurs familles, qui étaient plus inquiets pour la sécurité de leurs maris et pères.  C’est l’amour, et sûrement l’amour doit avoir le droit de s’exprimer. 

Que sais-je? Je suis seulement une femme simple qui admire le courage de ces éditeurs qui ont été tuées, mais aussi préoccupée par la douleur de leurs mères doit se sentir … en privé.

実はフランスの半分は統計とると最近のモハメッド風刺戯画はやり過ぎと感じているとの記事を見ました。実際はもっと多いかもしれません。フランス人だって風潮で「臆病者」呼ばわりされるのが怖くて意見を合わせていることもあるやもしれませんから。多くの日本人が感じている感性と左程変わらないなとほっとすると同時に日本のソーシャルネットワーキングで同じ日本人を上から目線で叩くコメントに落胆しています。彼らはパリ在住らしく世界から要人が駆けつけたイベントに参加して自分達まで要人同様な自己陶酔の文章に白けました。パリだって飛行機代も探せば安くて誰だって行けます、程度を問わなければ住むことだって誰でも出来ます。私が良い例です。自覚しておかねばならないのは海外に過ごしている間、その人間は日本社会での積み重ねがゼロということです。決して勘違いするような特別な存在ではありません。 

無論それに代わるような実績を海外で挙げていれば良いのですが、ある女性は別の女性に食ってかかっていました。日本にいる女性Aが「パレードなどして更に危険な目に遭う人のことを心配する」とのコメントを書いたのに対してパリ在住の女性Bは「表現の自由に掲げて戦うフランス現地の様子も知らずに地球の裏側で呑気な事言わないでください」と皮肉にも女性Aの表現の自由を否定したのです。この自己矛盾を書きながら気づかない人の状態が余り落ち着いたものではなかろうと推測できます。 

テロ発想の原点に関して「落ちこぼれた移民の白人社会への復讐」という記事を見ましたが、移民が少ない日本では日本人の落ちこぼれが海外へ流れ出て外国人の意見に便乗して母語の日本人を叩くという現象が見られます。テロ思想は宗教でもない、表現も含めた自由とも関係ない、人間の僻みが出発点のようです。 私が日本での積み重ねの代わりの物を海外で組み立てていけるか頑張るしかないが、例え結果が伴わなくとも、それは自己責任。日本の害になるような言動・批判をするまで落ちぶれるなど決してすまい。

Enlightenment (以前のブログの内容訂正)

It’s been two days since my intensive French course started.  I am exhausted, but it has been educational not just in linguistic field.  In one of my past posts, I referred to Paris as The City of Light.  I had some suspicion that Parisians meant it to be more than just a city of gorgeous lit up monuments, but I was too busy moving across the globe.  Today, however, my French tutor informed me that the light is derived from ‘enlightenment.’  That sounds more like Parisians.  My apology. 

フランス語コースが始まって2日目ですがクタクタです。でも語学以外に為になることもあります。例えば過去のブログで私はパリを「光の都」と書きましたが、パリジャンが単純に光に美しく照らし出される歴史建物のことを指すとは思えませんでした。でも南半球から北への大移動で忙しくて未調査のまま載せてしまいました。今日フランス人の先生に教わったには「光」は光でも「啓発の光」に由来するものでした。その方がパリジャンにしっくりきます。訂正してお詫びします。